BLOG ブログ

12.10
2018

ヨーロッパ田舎町にあるようなお家

「これは家なのかな?店舗なのかな?」

見る人にそう思わせる、住宅街の一角にあるこちらの住宅。
まるでヨーロッパの田舎町に佇む、緑の映える建物。

あえて古めかしい雰囲気を出すために、モルタル造形を駆使し、
外壁の汚れ・塗装のはがれを表現しています。
明るいレンガ色の洋風瓦が建物のアクセントとなり、どの一か所も妥協していません。

なんといっても一番のポイントは、窓まわりの鎧戸。
こちらも一つ一つをモルタルで表現。
まるで何十年も雨水に打たれ、味が出てきた本物の木の飾り窓のようです。

何度見てもどこから見ても、うっとりしてしまいます。