BLOG ブログ

01.10
2019

陽の光と木と生活する

太陽のあかりがさんさんと降り注ぐリビング。
日中に照明をつける必要は全くありません。

昼と夜で魅せかたが変化するものは、家の中にいくつも存在します。

床、壁、天井、ドア、家具
装飾やタイルなども・・・

天井から見えている梁のような木。
実はこれは梁ではなく擬木。

構造上の梁と違ってとても軽量の為
凹凸感をイメージ通りに表現したり好きな位置に設置できたりと
擬木にしかできないデザイン。
床の色と合わせたダークブラウンが落ち着きのある空間を創り出しています。

ネイビーのドアとグリーンの照明がアクセントとなり
お施主様のイメージ通りのリビングが完成しました。