BLOG ブログ

10.09
2019

小さなこだわりをカタチに

趣味が楽しめる部屋が欲しいと思ったら
どういう内訳にしたらいいのか、細かく設定していきます。
アウトドアに関する趣味なら、外からも出入りできるように。
室内でももくもく作業する趣味なら、集中できるような位置に、など
考えていくことがたくさんあります。

ひと昔前は、客間のイメージが強かった和室。
今は家族のだんらんの場所としてさまざまな顔を見せています。
必ずしもシックでレトロな雰囲気を作らなくてもいいんです。
好きな色、形を取り入れて、自分たちらしい和室を作っても◎

階段の側面に好きなタイルを散りばめるのもとても素敵です。
こだわりを取り込む場所はたくさん、さまざまなところにあります。