BLOG ブログ

05.13
2021

レトロライクな雰囲気を醸し出すダイニングスペース

 

レトロライクな雰囲気を醸し出すダイニングスペース。
木材との相性がいい漆喰の壁と、ブラックアイアンを組み込んだ室内窓がポイントです。

 

リビングやダイニングの間取りを作る際、小物や小さい植物、また写真など、ちょっとした物を置けるスペースを確保することは、実は重要だったりします。

 

収納スペースをたくさん確保することも大切ですが、あえて「見せる」収納があるとさまざまな用途に使用できますね。
間取り作りで余ったスペースがあれば、ぜひ考えてみてください。