BLOG ブログ

07.18
2021

③窓の役割

 

 

窓は『採光、通風、換気、眺望』のために設けられ、
四季を通じた室内の快適性に大きく影響します。

 

また、上記役割の他に、外観デザインや室内空間などビジュアル面での役割も大きく、
室内においては、インテリアの一部としても活用することができます。

 

こちらは窓の高さを不揃いにし、室内外どちらからもアクセントになるようにしています。

 

最近では、窓の大きさ、形などもたくさんのバリエーションが展開され
さまざまな用途で使用できるようになっています。

 

住宅プランの中で
“考える余裕がなかった!”というケースも多い『窓』。

 

しかし、家の外観にも関わる大切なエレメントなので、
プランニングの初期段階から検討することが大切です。

 

 

外から見られる「顔」も意識して形や大きさを決め、
外部から見ても内部から見ても美しい位置につけたいものです。