BLOG ブログ

02.23
2022

最近の子どもの勉強スペースの傾向は?

ハイスタイルでは、これまで子育てファミリーの家づくりを数多く手がけてきました。
最近の子どもの勉強スペースについては、次のような傾向があります。

●LDKにスタディカウンターを設置
キッチンやリビングダイニングといった家族の共有スペースに
あえて子どもの勉強スペースを設けるパターンが多く見られます。
メリットは家族のコミュニケーションがスムーズにとれ、
キッチンで家事をしている最中も子どもの様子を見守れること。
子どもの質問にもすぐ答えてあげられますね。

●子どもがある程度大きくなったら、個室で勉強
中学生になると勉強内容もだんだんと複雑になり、
集中力が一段と必要になってきます。
ずっと家族のいるLDKで勉強したがる子どももいますが、
中には静かな空間にこもって勉強したいと思う子どももいるので、
本人の希望に合った環境を用意してあげるのがベストです。

子ども1人ひとり、当然個性も感性も異なりますし、
親御さんの教育方針も異なるので、「これが正解!」というものはありません。
ただし、子どもの成長過程においては
家族とのコミュニケーションが何よりも大切だと感じます。

ハイスタイルは、子どもがのびのび育つ家づくりを応援しています。
どうぞお気軽にご相談ください。