BLOG ブログ

05.02
2022

リビングドアの選び方

玄関から入ってきたお客様からも、家族がくつろぐLDKからもよく見える、リビングのドア。
また一日に何度も開け閉めするドアですので、選ぶのにも気合が入りますね。

「選び方はデザインの好みで!」といってしまえばそれまでなのですが、
今回は、機能的な面からアドバイスさせていただきます。

玄関ホール(廊下)とリビングのつながり方をイメージした時、
リビングの様子が見えるのはイヤ、というプライバシー重視でしょうか。
お家全体に一体感や開放感があるほうがいいでしょうか。
どちらをイメージされますか?

≪ プライバシー重視の場合 ≫
✔最高は欲しいけど、玄関ホールからリビングの様子が見えるのは嫌
✔リビングドアが玄関のすぐ近くにある
⇒ガラス面を小さくする、チェッカーガラス・アイスガラス等、モザイクがかかるガラスを採用する等

≪ 開放感重視で選ぶ場合 ≫
✔お家全体に開放感やいったん感が欲しい
✔リビングドアが廊下のつきあたりなど狭い場所にある
✔扉の向こうの様子が分かる方が良い
⇒透過性の高い「抜け感」のあるガラスがおすすめです。

とにかく毎日よく開け閉めし、目に入るドアなので、
このドアかわいい!という直感をいちばん大切にされるのも素敵だと思います。
とっておきのドアを選んで、お家のインテリアの主役にしてあげてください。