SPECIFICATION
工法・性能について

人生で一番長くいる場所

Hi・Styleの家は、エイジングを駆使した、映画のセットのような空気感のある美しい家をご提案しています。
フランスの片田舎にある100年の歴史をもつかわいらしい家やアメリカンスタイルの古い家。
ドアの木目や雨どいに至るまで、小さなこだわりをエイジングで表現。
いつかの映画で見たような、ずっと夢見ていた小さな喜びにあふれた暮らしを、2×4の最新の住宅の居心地の良さと安全をキープしながら、実現いたします。

※エイジング・・・建築における「エイジング」とは、新しい建築物をわざと塗装や壁がはがれているようにしたり、錆びをつけたりするなど、アンティーク風に美しく見せる美術手法です。映画のセットに使われるこれらの手法を、新築の建築物に用いて空気感のある家をつくります。

ツーバイフォー工法


ツーバイフォー工法(木造枠組壁構法)は耐力壁と剛床を強固に一体化した箱型構造です。
木造軸組構法が柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支えます。
面で家全体を支えるため、高い耐震性・耐火性・断熱性・気密性・防音性をもつといわれます。

吹付け断熱


通常断熱で使われるグラスウール系の断熱材と違い、ハイスタイルでは基本的に現場で直接吹き付けるタイプの断熱材「硬質ウレタン」を使用いたします。
この「硬質ウレタン」は、住宅の内側から直接吹き付けるため、高い断熱性能と気密性能を併せ持ちます。

Low-E複合ガラス


Low-E(ロー・イー)とは「Low Emissivity(ロー・エミシビティー)」の略。「Low」は「低い」、「Emissivity」は「放射」という意味です。
板ガラスの表面に酸化スズや銀などの特殊金属膜をコーディングしたもので、このLow-E膜が遠赤外線の反射率を高めています。
このため、Low-Eガラスを複層ガラスに使用することで、中空層の放射による熱伝達を低減し、高断熱性能の窓ガラスとなります。
※防犯効果はありません

塗り壁


塗り壁はお部屋の湿度をコントロールできる優れた調湿性能があり、結露防止にも役立ちます。
天然素材で弱アルカリ性のため、カビの発生を抑え、ビニールクロスとは異なり、静電気が発生しないため、ほこりがつきにくくなります。
その結果、1年を通して室内を快適な環境に保つことが可能です。
そのうえ、断熱・保湿効果にも優れているため、冷暖房費も節約でき、省エネにも役立ちます。

無垢材の床


無垢の木は、合板フローリングのように色あせることも、夏場床がベタベタすることもなく気持ちよく生活できます。

パイン
針葉樹のパインは、温かみ、やわらかな足触り、節のある点などが杉と同じです。
欧風のインテリアによく似合い、非常によく使われるメジャーな素材です。

オーク
洋酒の樽や船の材料として使われてきたオークは、高い耐水性と耐久性が特徴。
木目がはっきりと美しく、洗練されたムードのお部屋になります。